• トップ /
  • 不動産経営は収益性の高さが重要

不動産経営とローンについて

不動産経営をするうえで決して無視できないのが収益性の高さについてです。長期的かつ安定的な家賃収入を見込めるマンションやアパート経営ですが、収益性を無視してしまうと当初の計画通りに家賃収入を得ることができずに、借金だけを背負ってしまうこともあるのです。不動産経営をするにあたっては収益性を無視することは絶対にできないのです。不動産経営において収益性を左右するのは、入居者が決まらないという空き室のリスクです。当然のことながら入居者がいない場合には見込んでいた家賃収入が入ってこないことになりますし、そうなるとローンの返済はすべて自分のお財布から負担しなくてはなりません。このような収益性を著しく低下させる空き室のリスクを回避するためのできる方策としては、アパートやマンションを丸ごと一棟買いしてしまうという手段があります。ただし、一棟買いをするには高額のローンを組まなくてはなりませんが、一棟買いでは建物だけではなく同時に土地も購入するかたちになるので、それを担保にすることで自己資金があまりない場合であっても高額のローンを組めるケースも少なくはありません。不動産経営を始めるのであれば、まずは銀行に相談をしてみるようにしましょう。

↑PAGE TOP