• トップ /
  • 不動産経営で避けられないリスク

一棟買いで不動産経営するリスク

不動産経営では、ワンルームマンションなど部屋単位で購入したのちに第三者に貸し出す形態と、マンションの建物そのものを一棟買いしたのちに第三者に貸し出す形態とがあります。部屋単位で購入したのちに不動産系をする形態でには初期投資が比較的少額で済むというメリットがあるのですが、入居者が見つからない場合にはいつまでたっても期待していた家賃収入が得られないという空き室のリスクがあります。それに対して一棟買いの場合、当然のことながら初期投資として多額の資金が必要になってくるというデメリットがありますが、賃貸用の部屋が一棟買いをすることで多数手に入れられることになるので空き室のリスクを分散させられるという大きなメリットがあります。ただし、一棟買いで不動産経営をする場合、災害などによりマンションの建物が倒壊してしまう可能性が決してゼロではないという大きなリスクがあります。もしも、多額の住宅ローンを組んでマンションの建物を購入した後すぐに建物の倒壊などの甚大な被害を受けてしまったときには、期待していた家賃収入を得られないどころか多額の借金を背負う羽目になりかねないのです。また、購入したマンション自体にそもそも需要が少ないというケースも少なくはなく、そのような理由から不動産経営に失敗をしてしまう可能性も無視することはできません。

↑PAGE TOP