• トップ /
  • 不動産経営における年収

不動産経営で年収を上げる方法

不動産経営を行う場合に、どのような物件を扱うかによってその年収は大きく変わるものです。単純に投資金額が高ければ良いというものではなく、様々な条件や投資物件の収益性等によりその収入は大きく変わってくるのであり、その知識を十分に持つことが非常に重要です。例えば同じ金額でマンション一戸を購入した場合とアパートを一棟買いした場合には、一般的にはアパートの一棟買いの方が有利と言われています。これはアパートの方が空室リスクが低いためです。不動産経営においては空室リスクの管理は非常に重要で、空室リスクとは入居者がなかなか決まらずに空室の状態となり収入がない状態になることを指しますが、マンションの場合にはその賃料が高く賃貸する人間の収入が限られてしまうため、空室になると全く収入がない状態となってしまいます。反面アパートの場合にはすべての部屋が埋まらなくても家賃が安く設定できるため入居者から家賃を徴収することができ、家賃収入におけるリスクは低くなります。そのため結果としてアパートの一棟買いの方が年収が高くなる確率が高いのです。不動産経営を確実に行うためにはその年収をできるだけ高めるためにどのようにすれば良いかと言うことを考慮することが重要です。

↑PAGE TOP