トップ / 産後に痩せるための骨盤矯正

産後は骨盤矯正も一緒に

赤ちゃんを出産して、すぐに元の体型に戻れると思っていたけど、なかなか痩せない。痩せるどころか下半身の脂肪がすっかり定着してしまって取れない。そんな悩みを抱えている産後ママは、産後ならではの体の変化と、効率よく痩せる方法を知ることが大切です。

まず、出産に向けてママの体はいつも以上に脂肪をたくわえやすい体になっています。赤ちゃんを産んだ後にその体質が一気に戻る訳ではなく、体に付いた脂肪がたちまち無くなってしまう訳でもありません。なにより、最も大きな体の変化は、出産する時に赤ちゃんが出てきやすいように骨盤が開いてしまうことで、開いた骨盤のせいで内臓が下がり、代謝が落ちて引き続き脂肪が付いてしまうというのが、悩ましい下半身太りの原因です。

特に部分痩せに効果が期待できるキャビテーションですが、これと同時に効果的に脂肪を落としながら、開いた骨盤を元の位置に戻してあげるのが、一番理想的な痩せる方法です。
骨盤が開いた状態が長くなればなるほど、腰回りやお尻に脂肪が付きやすくまた落ちにくくなります。ですから、なるべく早いうちに、できれば産後2ヶ月から6ヶ月までに骨盤を正しい位置に戻してあげるのが理想的です。

上半身を動かさずに腰を平行にくるくると回す骨盤回しや、足を前に出して座り骨盤でせり出すように歩くイメージで前進後退する骨盤ウォーク、前後屈エクササイズなど、矯正のための骨盤エクササイズを一日に数回取り入れてみましょう。また、お腹のお肉と骨盤を正しい位置に納めるための骨盤ベルトを使うとよいでしょう。産後はお母さんの体の変化も著しいので、急に体を締めあげて血行を損なわないように時期に合わせて使用します。
いずれも、産後の体の状態に合わせて無理せず、負担のないように気を付けて実践してください。

Copyright © 脂肪が付きやすい産後. All rights reserved.