トップ / 産後にできてしまったセルライト

産後のセルライトの悩み

妊娠しているときはお腹が大きくせり出しているため、自分の体の全身を見る機会もなかったでしょう。めでたく無事出産を終えて、ふと自分の体を見た時、妊娠するまでには無かった脂肪が気になる箇所があると思います。

産後太りで特に気になるのが、お腹や下半身に付いた余分な脂肪です。妊娠中に体につく脂肪は特徴があり、赤ちゃんをいろんな衝撃から守るためのバリアの役割として、おなかや腰回りに脂肪が付きやすいのです。出産後は、ぜい肉と呼ばれるようなプルンと柔らかい皮下脂肪ではなく、表面がぼこぼこと波打つように見えるセルライトが目立つようになります。

凹凸が目立つセルライト化した脂肪になるまでに、実は相当な時間がかかっています。一時的に太っても、すぐに燃焼させやすい脂肪と違って、セルライトは、脂肪と体の老廃物が相まって波打ってみえているのです。妊娠中は、全身運動をしにくいため血流が悪くなります。特に大きなお腹を支える足の付け根を圧迫することで血流が悪くなりますが、太もも付け根部分には大きなリンパ節があり、血液とリンパが滞ってしまうのです。これが産後の下半身太りに大きくかかわっています。

また、痩せて体の線を元通りに戻したい一心で、産後ニッパーやガードルを付ける女性も多くいます。締めあげる感覚は、体のラインをきれいにすると思われがちですが、この締めつけるガードルで血行が悪くなり、代謝が落ちてしまう事でセルライトが付きやすくなりがちです。骨盤補正や腰痛防止のためにウエストニッパーは役立ちますが、長時間付けっぱなしにすることは避けましょう。

リンパと血流が良くなると、老廃物が体にたまらず、脂肪がセルライトの状態になるのを防ぐことが出来ます。リンパマッサージや血行を良くするストレッチを続けると、硬くなったセルライトを解消することにつながります。

Copyright © 脂肪が付きやすい産後. All rights reserved.