• トップ

不動産経営と空き室のリスク

不動産経営においてポピュラーなのがアパートやマンションなどを第三者に貸し出して家賃収入を得ていく賃貸経営です。このようなスタイルでの不動産経営では不動産という確かな財産を購入して所有しつつ、なおかつ家賃収入という長期的、安定的な収入が見込めることから比較的リスクの低い投資方法ということができます。たとえば、サラリーマンの方が副業として、あるいは定年退職後の方が老後の生活のためにアパートやマンションなどで不動産経営すれば特に大した労力を必要とせずに安定的な収入を得られるようになるのです。アパートやマンションなどを活用した不動産経営では、部屋単位で賃貸経営をするスタイルと建物自体を一棟買いして経営していくスタイルがあります。どちらのスタイルもそれぞれメリットな面とデメリットな面がありますが、不動産経営において最大限リスクを回避したいのであれば一棟買いの方に分があるとされています。その理由として部屋単位で賃貸経営をした場合、空き室のリスクが高く、仮に入居者がいないというときには期待していた家賃収入は途絶えることになってしまいます。それに対して一棟買いをしたうえでの賃貸経営では入居者が完全にゼロとなってしまう可能性は非常に低いので空き室のリスクを分散できるというメリットがあります。

↑PAGE TOP