トップ

産後に付いてしまう脂肪

妊娠中は、赤ちゃんを健康的にお腹の中で育てることを中心に生活をしていた妊婦さんですが、産後もっとも気になるのは「妊娠前の体型にもどれるか」という体のラインのお悩みでしょう。

出産をしたら自然と元の体型に戻れる・・・という話をよく聞くでしょう。無事に出産が終われば、また元のスタイルに戻りたいと願う気持ちは自然なことです。でも、それが思い通りにいかないと悩むママさんも非常に多いのが現実です。

この産後太りには原因があります。
まず、妊娠中は体型の変化もあり、体を動かす範囲や量が大きく制限される生活が続きます。そして、何より一番に大切なのは体に無理な動きを与えずに、赤ちゃんの安全な成長を見守るということでしたね。妊娠以前と比べると、圧倒的に体を動かさない時期が10カ月近く続いた事で全身の筋肉量が落ち、赤ちゃんを保護するために脂肪を増やす体のメカニズムが働いていた事によります。

人間の体は、筋肉が動かされることでカロリーを消費します。体全体の筋肉は日々の生活を送るだけでも燃焼していて、これを基礎代謝といいます。筋肉の量が減れば、燃焼する場所が無く、摂取したカロリーを燃やすことが出来ないのです。燃焼しなかった栄養分は脂肪として体に蓄積していきます。また、赤ちゃんにも栄養を供給するために、妊娠中の食事はオーバーカロリーとなりますが、産後も同じような食生活を続けてしまいカロリーを摂りすぎてしまいがちになるのです。

産後太りのもう一つの大きな原因は、出産したことによる骨盤のゆがみがあります。出産近くなると、赤ちゃんが産道をとおって出てきやすいように、骨盤と恥骨が広がります。広がった骨盤のままだと、内臓が下がってしまい更に基礎代謝を下げ、脂肪も付きやすくなり下半身太りになってしまうのです。

Copyright © 脂肪が付きやすい産後. All rights reserved.